青じその青汁について

青じそといえば、古くから私達日本人の食生活に欠かせない緑黄色野菜で、 刺身やおそうめんなどの薬味で使用される他、揚げ物や焼き物、混ぜご飯などにも幅広く使用されています。

古来より薬草としても幅広く使用されていたこの青じそには、 ビタミンやβカロチンなどが非常に豊富に含まれており、様々な効能が期待できます。

なかなか食事で青じそを摂取することはできませんが、青じその生葉のエキスをぎゅっと抽出した青汁であれば、 手軽に飲めますし、味も一般的な青汁よりも飲みやすです。

青じその栄養成分と期待できる効果・効能について

栄養成分

青じそに含まれる栄養成分には、 β-カロチン、ビタミンC・B1・B2、鉄分、カルシウム、カリウム、 食物繊維などを多く含む、非常に栄養価の高い野菜です。

また、青じそに含まれるβ-カロチンの含有量は、数多くある緑黄色野菜の中でも トップクラスに位置し、西洋カボチャの約3倍です。

期待できる効果・効能

豊富に含まれているβ-カロチンには、抗酸化作用・抗がん作用に効果があり、 青じそに含まれるペリルアルデヒドという成分には、食欲増進効果がある他、胃液の分泌を促す効果があり、 胃を健康に保つ効能があるとされており、「防腐作用」も、このペリルアルデヒトによるものです。

また、青じそに含まれるα-リノレン酸が 花粉症やアトピー性皮膚炎にも効果があるとされている他、 不眠症の改善やストレスの解消、心臓病、脳卒中、整腸作用にも効能があります。

青じそは非常に使用しやすい食材なので、普段の食生活に取り入れやすいですが、 毎日青じそを食べる暇がないという方には青じその青汁がオススメです。


人気の青汁7商品を実際に買って、飲んでみました!