青汁の人気ランキング比較TOP>青汁でアルツハイマー病の予防

アルツハイマー病について

日本のアルツハイマー病患者は推定で約100万人いるとされており、65才以上の10人に1人は発症すると言われるほど、 高齢者がかかってしまう可能性が高い病気です。

アルツハイマー病の主な症状としては、

・人や物の名前を忘れる
・徘徊を始める
・家族など身近な人物についても分からなくなる
・寝たきりになる

などの症状で、徐々に軽度の症状から重度の症状へ経過していきます。

また近年においてはアルツハイマー病の若年化も進んでおり、 日本でも18歳〜64歳で約10万人ほどいるとされており、必ずしも高齢者がかかるという病気ではなくなってきているのも事実です。

そこでアルツハイマー病の予防として、積極的に取り入れていきたいのが青汁になります。

青汁によるアルツハイマー病の予防について

脳の老化や認知症、アルツハイマー病の予防には、青汁に豊富に含まれている葉酸が効果的といわれています。

葉酸とは、緑黄色野菜などに豊富に含まれるビタミンB群の仲間で、 主な働きは、細胞発育機能の正常化や生体組織を作ったり、 赤血球を作り成熟させる役目を担っています。

腸内細菌で合成することが出来るので、葉酸が欠乏することはあまりないですが、 貧血の方や現在妊娠中の方には積極的に摂取してほしい栄養成分です。

葉酸の主な効果としては、

・血行を促進する
・血栓予防
・動脈硬化
・貧血
・髪の毛対策

などが挙げられます。

葉酸は光や熱、酸素に不安定で、体内では吸収されにくい栄養成分で、 日々の食事の中で葉酸を摂取することは可能ですが、 葉酸の栄養成分を壊すことなく、効率よく体内に吸収するには 青汁を利用することが効果的です。

アメリカでは、葉酸をサプリメントなどで摂取することを習慣化してる人には、 アルツハイマー病の発症リスクが少ないという研究結果が発表されています。

また、韓国の研究チームにより、葉酸が不足すると認知症の発症リスクが3倍になるという研究結果が発表されています。

青汁の製造過程において、各種栄養成分を壊すような過程はなく、 効率よく吸収できるようにどの青汁も製造されていますので、 青汁を習慣化することで確実に葉酸を摂取でき、認知症やアルツハイマー病、脳の老化を予防することができるのです。


人気の青汁7商品を実際に買って、飲んでみました!