遠赤外線の青汁について

遠赤外線の青汁とは、一般には「遠赤青汁」と呼ばれており、 何が遠赤外線なのかと言うと、青汁を製造する際に遠赤外線を使用して青汁の材料を加工するのだそうです。

例えば、青汁の代表的な材料であるケールの場合、 ケールの持つ様々な栄養成分や香り、色や風味を損なわずに 顆粒状や粒状に加工することが出来るのだそうです。

では、遠赤外線とは一体何かと言うと、 私達の目には見えない波長を持つ、 安全かつ有効な電磁波で、有機体に吸収されます。

太陽からも遠赤外線が降り注いでいます。 つまり、地球上に生きる全ての命は遠赤外線と共に生き、 有機体である我々の身体に吸収され、細胞レベルで作用してくれるのです。

この、遠赤外線を利用して製造されたのが「遠赤外線青汁」というわけです。

遠赤外線を利用してケールなどの生葉を乾燥させると 各栄養成分の含有量が大幅に増えるのだそうで、また味がまろやかになるそうなので、 青汁が苦手な方にも利用しやすくなると言えるでしょう。

魚やしいたけなどを天日干しすると旨味や栄養価などがアップしますよね。 これは太陽から降り注ぐ遠赤外線を吸収するから起こる現象で、 これと同じ事をしているのが遠赤外線青汁だと言っていいでしょう。

遠赤外線利用によって製造される青汁は葉だけでなく茎など 全てを無駄なく青汁に利用出来るそうで、 ケールなどのメイン材料の栄養を余すことなく摂取出来るのだそうです。


人気の青汁7商品を実際に買って、飲んでみました!