青汁の人気ランキング比較TOP>青汁で血栓症の予防

血栓症について

血栓とは、血管の中で血液が何らかの原因で固まり、血管壁に付着したもので、 止血の役割を行って、その後に止血が完了して傷ついた部分が修復すると自然と消えるという、 人間の重要な機能です。

しかし、役目を終えた血栓を溶かす力が無くなってしまうと、 血栓はそのまま血管内に残ってしまい厚みを増して、血管を塞いでしまいます。

そうなってしまうことを血栓症と言うのですが、これは脳梗塞や高血圧といった 恐ろしい病気を引き起こしてしまう可能性があります。

食生活の欧米化が進んでいる日本では自覚している・していないに関わらず 40代では5人に1人が、血栓症になっているというデータもあるほど身近で深刻な病気なのです。

血栓症の予防は、食生活や生活態度の正常化がポイントになり、 そこで青汁は効果を発揮してくれます。

青汁による血栓症の予防について

青汁に含まれる大量の葉緑素には、血液をサラサラにしたり血栓を予防する効果が期待できます。

注目すべきポイントとしては、青汁の原料でも有名なケールには、「アリルイソチオシアネート」という栄養成分が含まれており、 これはワサビや大根、アブラナ科の野菜に含まれている辛味成分のことですで、 このアリルイソチオシアネートには血液をサラサラにし、血栓防止作用があります。

また、青汁に含まれる「ピラジン」という栄養素にも「アリルイソチオシアネート」と抗血栓効果が期待でき、 血行促進にも力を発揮してくれます。

普段の食事からでは必要量を摂取することはなかなか難しいですが、 青汁の場合、「アリルイソチオシアネート」や「ピラジン」はもちろん、 ビタミン・ミネラル・食物繊維など人間に必要な有効成分を、手軽にしっかりと補給することができますので、 一日一杯の青汁を習慣化した方が効率的と言えるでしょう。

自覚症状のある方や生活や食事に問題がある方は、血栓予防の為にも青汁はおすすめできます。


人気の青汁7商品を実際に買って、飲んでみました!