青汁の抗がん作用について

青汁には抗がん作用も期待出来ます。

青汁に使用される材料によって多少のばらつきはありますが、 青汁には主にビタミンA・β-カロチン、ビタミンC、食物繊維などを 豊富に含んでおり、栄養の宝庫です。

これらの栄養成分には、

・ビタミンA・・・がん予防、がんの治療に効果がある
・β-カロチン・・・発がん予防効果がある
・ビタミンC・・・発がん性物質の生成抑制の効果がある
・食物繊維・・・整腸作用を活性化し、発がん性物質などの有害物質を排出する効果がある

という効果がみられます。

また、海藻(海草)を原料にした青汁には、 「フコイダン」という天然成分を豊富に含んでいます。

アポトーシス誘導作用(正常細胞には影響を与えズにがん細胞のみを自然に壊す作用)に優れたフコイダンは、 「天然の抗がん剤」とも言われています。

青汁には活性酸素に対しても有効で、免疫力のアップにも効果的です。

血液をサラサラにする効果が高い青汁であれば、 血栓を予防するのでその結果として がんの予防につながります。

活性酸素を抑制するということは抗がん作用につながりますし、 免疫力がアップするということはがん等の病気に負けない身体を 作ることが出来るというわけです。

青汁を習慣化することで、がんに対して強い身体を作ってみてはいかがでしょう。


人気の青汁7商品を実際に買って、飲んでみました!