桑の葉の青汁について

桑の葉は、蚕の飼料にも使用されることで有名ですが、 古来より生薬としても使用され、現在は青汁の原材料でもあります。

青汁としてはケール・明日葉・大麦若葉などよりもマイナーで、 食材として扱われることも日本ではほぼありませんが、

桑の葉にはビタミンやポリフェノールが非常に多く含まれているほか、 DNJ(デオキシノジリマイシン)という貴重な成分が含まれており、 青汁として摂取することが可能です。

<桑の葉を含む代表的な青汁>

ふるさと青汁(体験済み)
・桑の葉美人
・有機JAS 桑葉青汁
・厳肥くわ青汁

桑の葉の栄養成分と期待できる効果・効能について

栄養成分

桑の葉に含まれている栄養成分には、 ビタミンB1、フラボノイド、ポリフェノール、カロチン、 亜鉛、アントシアニン、ギャバ、鉄、カルシウム、食物繊維も豊富に含まれています。

また桑の葉にしか含まれていないDNJ(デオキシノジリマイシン)は、 古来より糖尿病の民間治療薬として知られてます。

期待できる効果・効能

DNJ(デオキシノジリマイシン)という聞き慣れない栄養成分は、 桑の葉特有の栄養成分で、糖の吸収を抑え、血糖値が上がるのを抑え、 高血圧や糖尿病に効果があり、ダイエット中の方にもおすすめの成分です。

桑の葉のギャバは少量ですが、デオキシノジリマイシン同様に血糖値や高血圧に効果がある他、 動脈硬化の予防や中性脂肪の減少、リラックス効果があります。

また、この他にも桑の葉の効能には、整腸作用、抗がん効果、生活習慣病、殺菌効果、消炎作用があるだけでなく、 肌荒れや生理不順、貧血予防、花粉症、美白効果、発毛促進などなど、 非常に多くの効能を持っています。

この桑の葉を使用した青汁を毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。


人気の青汁7商品を実際に買って、飲んでみました!