青汁の人気ランキング比較TOP>青汁で活性酸素の無毒化

青汁による活性酸素の無毒化について

青汁には活性酸素を無毒化する効果があります。

活性酸素とは、簡単に言うと酸化現象で、 例えばリンゴを切ったままにしておくと切り口が変色しますよね。 これは、リンゴの切り口が酸化してしまったから起こる現象なのです。

同様のことが私達の体内でも起こっており、 老化やガン、動脈硬化なども活性酸素の働きによって 起こってしまうのです。

ガンは活性酸素の刺激によってガンの遺伝子が活発化して 結果としてガンを招きます。

体内にある悪玉コレステロールは、活性酸素の働きで 「酸化コレステロール」に変化します。 酸化コレステロールは血管の中へと侵入し、血管の壁を厚くします。 そうなると、血流か悪くなったり、血管そのものが不健康な状態となり、 その結果として動脈硬化を招くことになるのです。

活性酸素は紫外線やストレス、タバコ、大気汚染、 添加物が入っている食べ物などで発生しやすくなるようです。

活性酸素と無毒化する物質を抗酸化物質といい、 青汁には抗酸化作用を持ったメラトニンやビタミンEといった栄養素が豊富に含ま れています。

ケールや大麦若葉、紫蘇、よもぎ、ゴーヤといった材料を使っている青汁には 活性酸素を無毒化する効果が高いといえます。

身体を内側から綺麗にするだけでなく、 不要なものは消し、強化するものは強化する青汁。

まさに私達現代人にとって必要な食品といって過言ではありませんね。


人気の青汁7商品を実際に買って、飲んでみました!