緑茶の青汁について

緑茶に含まれる「カテキン」は、今や栄養補助食品として注目されていますが、 青汁にも緑茶は使われています。

ケールなどの代表的な青汁に緑茶を配合させているケースが多いのですが、 理由としては、緑茶に含まれるビタミン・ミネラルなどの栄養素がプラスされるのと、 緑茶を混ぜることで飲みやすい味になることが挙げられます。

<緑茶を含む代表的な青汁>

・国産有機緑茶青汁(森下仁丹)
・純国産有機青汁(伊藤園)
・美容青汁(株式会社スピカズ)
・麦若葉緑茶青汁(尚美園)

緑茶の栄養成分と期待できる効果・効能について

栄養成分

緑茶の代表的な栄養成分とも言えるのが「カテキン」です。 ポリフェノールの一種でもあるカテキンには強い殺菌作用があり、 抗ウイルス作用・殺菌作用・悪玉菌減少や悪玉コレステロールの酸化防止、 動脈硬化の予防などに効果がある成分です。

また、フッ素やカルシウム・マグネシウムなどのミネラル成分や、 ビタミンC・B2・E、フラボノイド、食物繊維、β-カロテンなど、 多くの栄養成分を含んでいます。

特に、ビタミンC・Eとβ-カロテンは免疫力を高めるので 風邪を予防したり、美肌にも効果がある成分です。

ちなみに緑茶の渋み成分であるタンニンには活性酸素を除去する効果があり、 うまみ成分であるテアニンにはリラックス効果があります。

期待できる効果・効能

緑茶の効能についてですが、血圧や血糖値の低下、抗酸化作用、抗がん作用、美肌、風邪予防、利尿などが挙げられ、 また脂質の代謝が高まるので、体脂肪率を低下させる効果もあるとされています。

普段から緑茶を摂取することは簡単ですが、特に野菜不足の方の場合、緑茶を使った青汁は 緑黄色野菜と青汁を混ぜただけで、味も非常に飲みやすい味になっているので 普段の食生活に取り入れるのもいいのではないでしょうか。


人気の青汁7商品を実際に買って、飲んでみました!