豆乳の青汁について

豆乳は、質なタンパク質と脂質、大豆イソフラボンなど、 女性には嬉しい栄養素がたくさん含まれて、胃腸にもやさしい食品です。

この豆乳の高い栄養価を含んだ豆乳の青汁が商品として販売されているのですが、 基本的にはケールや大麦若葉などの、従来の青汁をベースに豆乳をプラスしたものになります。

豆乳の青汁は、普通の食事ではなかなか難しい青汁にある豊富なミネラルやビタミンと同時に、 豆乳の栄養も同時にバランスよく摂ることが可能です。

<豆乳を含む代表的な青汁>

豆乳源 青汁
青汁三昧豆乳オレ
・DHC青汁+豆乳
・野菜たっぷり 豆乳青汁

豆乳の栄養成分と期待できる効果・効能について

栄養成分

豆乳とは、大豆の持つ高い栄養価を消化吸収しやすく加工したもので、 離乳食やご年配の方の食事などにも非常に適した食材です。

大豆が原料ですので、タンパク質と脂質を豊富に含み、 糖質やリノール酸、レシチン、コリン、サポニン、 カルシウムやオリゴ糖など、 人体にとって必要な栄養素を多く含んでいます。

また、皆さんよくご存知の「イソフラボン」も含まれています。

期待できる効果・効能

豆乳の効能は、骨や歯を形成したり、イライラにも効果がある他、 腸内で善玉菌やビフィズス菌を増やし、整腸運動を活性化したり免疫力をアップ させます。

他にも、動脈硬化や骨粗鬆症、乳がんなどの予防、肥満防止、 血中コレステロール値を低下させたり、成人病や老化の防止にも 効果があります。

また、豆乳には美肌効果に大切なビタミン類を含んでいます。

このように、「畑の肉」とも呼ばれている大豆を原料にした豆乳と、 青汁の栄養素を一緒にゲットできる豆乳の青汁は必見です。


人気の青汁7商品を実際に買って、飲んでみました!